previous arrow
next arrow
Slider

About Us

横須賀商工会議所と障害児をもつお母さんたちのグループsukasuka-ippoが連携した事業です。

ライフスタイルに合わせた隙間時間を利用する新しい働き方の提案を目指し、地域企業のアウトソーシング業務へのニーズにこたえられるワーカーの発掘・組織化とお母さんたちが持つスキルやキャリアを地域企業に還元する事業です。スキルを身につけるための、スキルアップ講習会も実施しています。

また、2019年4月より『よこすかテレワーク』は、ひとり親家庭の生活向上も応援しております。

 

高いスキルを持つワーカーを活用できます!
外に働きに出るためのまとまった時間はないけれど、やる気いっぱいの高いスキルを持ったワーカーをご紹介します。

   

(一社)sukasuka-ippoが調整役として加わり、納品クオリティを確保します!
万が一、ワーカーの納品クオリティにご満足いただけない場合は、一般社会法人sukasuka-ippoが調整役として加わり、最後まで対応させていただきますので、どうぞご安心ください。

  

ご予算とご要望に応じたジャストサイズの発注が可能です!
小さな仕事も大歓迎!在宅ワーカーが個人でお引き受けするのでリーズナブル。かゆいところに手が届くちょうど良いオーダーが可能です。多岐にわたる業種をカバーしつつ、新しい企業にも挑戦します。

   

 わたしたち障害児を育てるお母さんの多くは、障害児を育てながら外へ働きにですことが難しく、今まで仕事や社会参加を諦めていました。
 けれど、働き方さえ変われば仕事をすることができるはず!と信じ、2017年11月、横須賀商工会議所と連携し『よこすかテレワーク』をスタート。
 主に障害児のお母さんを対象に定期的に説明会を開き、現在ワーカー登録者数は約40名。地域の企業様に支えられ、様々なお仕事をさせていただいております。

 また2019年4月からは横須賀市役所を窓口とした、ひとり親家庭の支援としても、『よこすかテレワーク』を活用できるようになりました。
 お仕事を待つワーカーさんが増えることで、受けられるお仕事も増え、より多くの方が地域で活躍できるようになればと思っております。

 人材と地域企業とを繋げる役目として、わたしたちはこれまで以上に努力を重ね、奮闘しながら進んでまいります。ご支援、ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

代表理事 五本木 愛

  

人手不足と人件費上昇が課題となっている昨今、企業経営における省力化と人手不足解消の選択肢の一つとして、よこすかテレワークを活用しませんか?
子育て、介護、家庭の事情で、今は外に出て働けない!でも、スキルもキャリアも働く意欲もある!そんな皆さんが登録しています。人手やスキルが必要な時など、気軽にご相談ください。地域のスキルある人材が、御社のバックオフィス業務の軽減、業務効率化のお役に立ちます。

   

   

障害児育児中のママ、ひとり親家庭の方、介護などで離職された方など、働きたいけれど決まった時間に出勤して働くことが難しい方も、空いている時間を有効活用し、自宅でもお仕事ができれば『働く』ことが可能になります。私たちsukasuka-ippoはそんな方たちの『働く』を地域企業と結び新しい働き方をお手伝いします。